Morimura Group森村グループについて

このページを印刷する

森村グループの生い立ち

日本の陶磁器産業を代表する企業集団森村グループは、1876年(明治9年)、森村市左衛門と森村豊兄弟の両氏によって創立された、わが国貿易業界の草分けともいうべき森村組[現:森村商事(株)]がそのルーツです。

そのグループの歩みは、1904年(明治37年1月)、日本陶器合名会社 [のち日本陶器(株)、現:(株)ノリタケカンパニーリミテド]が森村組の創業者らによって設立されてからであり、その後、1917年(大正6年5月)に、同社の衛生陶器部門を分離して東洋陶器(株)[現:TOTO(株)]が、ついで、1919年(大正8年5月)に碍子部門を分離して日本碍子(株)[現:日本ガイシ(株)]が設立されました。

同じ年(大正8年5月)に、大倉陶園[現:(株)大倉陶園]、1924年(大正13年2月)には伊奈製陶(株)[現:(株)INAX。 平成13年10月、トステムと統合]が、その後も1936年(昭和11年9月)日東石膏(株)[1985年(昭和60年6月)ノリタケカンパニーリミテドに合併]、同年10月、日本特殊陶業(株)(日本ガイシNGK点火栓部門等より分離独立)などが設立され、こんにちの森村グループの基礎が形成されるに至りました。

受け継がれていく意思

日本特殊陶業は、1936年に設立されました。さらにルーツを求めて森村グループの祖、森村市左衛門らが起こした森村組(1876年)までさかのぼると、140年以上の歴史があります。

業祖森村市左衛門は、正直で熱心な商人でした。海外に流出した財を取り返すと決意し、国のために海外貿易に挑みました。やがて事業は陶磁器製造に至り、森村グループが生まれます。

その運命の流れのひとつに、私たち日本特殊陶業があります。

「森村市左衛門の無欲の生涯」出版

1998年の4月、草思社から砂川幸雄著「森村市左衛門の無欲の生涯」が出版されました。
森村グループ形成の裏には、いったいどんな秘密が、どんな歴史があったのか。 グループ形成の核になった森村市左衛門とは、いったいどのような人物で、どのような社会的貢献をした人なのか。
これまで一般にはほとんど知られていなかったその崇高な精神と卓越した経営手法と驚くほど強靭な生き方とが、具体的にいきいきと描かれています。
定価2,000円。

森村組誕生から当社へのあゆみ

1876年〜1899年

1876年(明治9年) 六代目森村市左衛門と弟豊(とよ)が東京に森村組を設立
弟豊が渡米し、雑貨小売業を始める
1878年(明治11年) 弟豊がニューヨークに日の出商会モリムラブラザーズを設立
(1881年モリムラブラザーズに変更)
1897年(明治30年) (名)森村銀行設立
(1929年三菱銀行と合併)
1899年(明治32年) 森村組名古屋店内に研究所を設け、白色硬質磁器の製造研究を開始

正直と熱心

良い品物を買いやすい価格で納期通りにお届けする。モリムラブラザーズの誠実な姿勢は文化の異なる米国でも評価され、信用を築きました。
明治政府の支援を断り独立自営の精神で始めた小さな貿易は、正直で熱心ということが評判となり次第に大きな事業へと育っていきました。

写真:(左)森村豊、(右)森村市左衛門

良品で目指すお客さま満足

「お客さまに渡してから役に立たないようなものは売らない」

仕入れを務めた大倉孫兵衛は、品物の面で誠実さを貫きました。その誠実さは長男和親に受け継がれています。和親は「良品の供給・需要家の満足こそが掴むべき実態」であると説き、「良品主義」のもと森村の製陶各社を発展させました。

写真:(左)大倉孫兵衛、(右)大倉和親

1900年代〜1930年代

1917年(大正6年) 日本陶器(名)の衛生陶器部門を分離し、東洋陶器(株)[現:TOTO(株)]を設立
日本陶器、株式会社に改組
1919年(大正8年) 日本陶器のがいし部門を分離し、日本碍子(株)[現:日本ガイシ(株)]を設立
(株)大倉陶園を設立
1921年(大正10年) 日本碍子でスパークプラグの研究に着手
1930年(昭和5年) 日本碍子、スパークプラグを発売
1936年(昭和11年) 日本碍子(株)のスパークプラグ部門を分離し、
日本特殊陶業(株)を設立
1937年(昭和12年) 日本特殊陶業がNGK スパークプラグの製造を開始

均一な製品を総員参加で

「我々には千に一つの不良品だったとしても、それを買ったお客さまにとっては不良率100%だ」

食器から工業製品への進出によって、製品の均一性がより厳しく求められるようになりました。江副孫右衛門は、お客さまの求める性能を常に発揮するバラつきのない製品を実現するため、社員に規律と高い参加意識を要求しました。良品を生むために、総員が全職場でその職務を完遂すべく「ものづくり」に打ち込む、「良品主義」と「総員参加」の理念は、今も日本特殊陶業に脈々と受け継がれています。

写真:江副孫右衛門(日本特殊陶業初代社長)

森村グループ沿革略図

森村グループ企業紹介

株式会社ノリタケカンパニーリミテド

食器を通しての文化活動、切る、削る、磨くの最先端技術、ニューメディア・ファインセラミックスの技術、リクルート、事業報告の紹介などです。

TOTO株式会社

ウォシュレット、システムキッチンなど水まわり商品やショールームの案内をはじめ、購入店、増改築工事店の紹介、ギャラリー・間、Bookshop TOTOなどイベントや書籍の紹介もあります。

日本ガイシ株式会社

NGK Encyclopageの名前の通り、会社概要、事業紹介、財務情報、ニュースリリースなど、日本ガイシのことならなんでも!また、科学雑誌「ニュートン」連載中のNGK SCIENCE SITEの入口もこちらです。

日本特殊陶業株式会社

NGKスパークプラグ、自動車用排ガスセンサ、セラミックICパッケージ、機械工具、医療製品など幅広い事業分野でトップクラスの技術力を持つ日本特殊陶業株式会社のページです。

森村商事株式会社

窯業、耐火物原料、航空機材、金属、電子工業工業用原材料・製品、化学品、機械プラント、香料・食品、生活用品等の輸出入および国内販売をおこなっている、総合商社のウェブサイトです。

株式会社大倉陶園

日本における最高級の洋食器製造メーカーのウェブサイトです。大倉直営店や通信販売事業、文化活動、イベント開催予定などご紹介しています。

関連団体

公益財団法人 大倉和親記念財団

セラミックスに関する分野の科学技術の振興を図る目的で、大倉和親氏の志を受け継いだ繁子夫人の寄付を基金に1970年3月に設立され、以来、セラミックスの発展に貢献した研究の表彰や今後の発展に寄与する研究への助成をおこなっています。