Corporate Code of Conduct企業行動規範

このページを印刷する

日本特殊陶業株式会社は、「相互信頼を深め、未来を見つめた新たな価値を提案し、世界の人々に貢献します。」をスローガンとした企業理念を実現するため、次の10原則に基づき、社会的良識をもって行動する。

  1. 国の内外を問わず、人権を尊重し、全ての法律、国際ルールおよびその精神を遵守する。
  2. 最善の技術と蓄積した経験を活かし、個人情報・顧客情報の保護に十分配慮しながら、社会的に有用かつ安全な商品・サービスを提供し、消費者・顧客の満足と信頼を獲得する。
  3. 公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引を行う。また、政治、行政との健全かつ正常な関係を保つ。
  4. 株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを重視し、企業情報を日常的な広報活動を通じて公正に開示する。
  5. 環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、自主的、積極的かつスピーディーに行動する。
  6. 「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動を行う。
  7. 従業員の多様性・個性を尊重し能力を活かせる安全で働きやすい環境を整える。
  8. 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは断固として対決する。
  9. 国際的な事業活動においては、現地の文化や慣習を尊重し、その発展に貢献する経営を行う。
  10. 経営トップは本規範の精神を率先垂範し、社内への徹底、グループ企業や取引先への周知および社内体制の整備を行うとともに、倫理観の涵養に努める。