Quality Policy and Implementation Structure品質方針と推進体制

このページを印刷する

基本品質方針

私たちは、「お客さま第一」、「総員参加」、「たえまなき改善」に努め、社会に「良品」を提供し、新たな価値を創造します。

行動指針

  • 常にお客さまの視点に立ち、すべての業務を通して、お客さまに満足して頂ける品質の製品、サービスを提供します。
  • 全社連携で品質向上活動に参画し、各人が個性・創造性を発揮し、力を結集して課題や問題の解決に努め、高い目標に挑戦します。
  • 変化し続ける社会環境、市場、お客さまの期待・ニーズに応えるために、プロセス、システム、製品、サービスなどを継続的に改善します。

基本的な考え方

当社では製品やサービスを通してお客さまに提供した価値やその期待・評価、これらを生み出す人、物、プロセス、やりくりのすべてを品質と捉えています。
私たちはお客さまにとっての価値を最良にすることを常に意識し、私たちが品質を支えていることを意識して意欲的に業務にあたり、すべての業務に創意工夫を加え、成長し続けます。
当社の品質基本規程ならびに基本品質方針に沿ってお客さまにとっての価値を創出し、変化する社内外環境に柔軟かつ迅速に対応できるTQM(品質経営)を通して、効果的・効率的に、これらを実践する人づくりと、安心・安全なものづくりで社会に貢献していきます。

品質保証推進体制

当社は品質基本規程に基づき、品質経営活動の柱(品質保証・日常管理・方針管理・小集団改善活動・品質管理教育)を掲げて取り組んでいます。
各事業分野ではお客さまや各業界からのご要望にお応えするために国際規格であるISO9001やISO/TS16949などのセクター規格への認証を取得し、当社の品質経営を実現するために効果的に活用しています。
全社的な品質保証体制として組織する全社品質委員会は、代表取締役副社長を委員長とし、本部長・事業部長などの委員で構成し、品質経営や品質リスクを総括、監督しています。
また小集団改善活動としてQCサークル活動を活発におこなっており、品質経営活動の推進の一翼を担っています。QCサークル活動を推進するNQC活動中央委員会は、QCサークル指導士やサークル活動を支援する専門委員とともに、持続的に品質を支える人づくり・組織強化に取り組んでいます。
優秀サークルは社外のQCサークル発表大会にも多く参加し、成果発表を通じて地域の品質活動の啓発にも寄与しています。

図 品質保証推進体制(2015年度)
図 NQC活動推進体制(2015年度)

全社品質保証責任者の声

全社目標達成に向け、「品質基本規程」を刷新しました

「企業価値の向上」と「顧客価値の創造」に対する当社のDNA「にっとく品質マインド」を踏まえ、全社目標達成に対する方向性を揃えるために「品質基本規程」を刷新しました。お客さまや社会にとって価値を提供できる会社であり続けるためには、製品品質だけでなく、それを生み出す全業務品質の底上げや、人の強化と風土文化の醸成が不可欠です。TQMを実践し、当社グループにおけるグローバルな活動を通じて総員の知恵を結集し、期待される品質を提供します。

品質統括本部 本部長 青木

※所属・役職は2015年度当時