Environmental Burdens from Business Activities事業による環境負荷

このページを印刷する

事業による環境負荷

事業活動が環境にどのような負荷を与えているかを知ることが、環境保全活動の第一歩です。当社グループが使用する原材料やエネルギーなどの投入量(INPUT)と、事業活動の結果としてグループ外へ出荷する製品や排出する廃棄物などの量(OUTPUT)を示すマテリアルバランスは、下図の通りです。

  1. INPUTとOUTPUTで報告する各量の集計範囲を●で示しています。
  2. 国内グループ会社とは、統合認証である日特アルファサービス、日特運輸、セラミックセンサ、NTKセラミック、CS中津川、南勢セラミック、神岡セラミック、日特スパークテックWKS、日和機器、日特スパークテック東濃と、統合認証外のにっとくスマイル、日特電子、NTKセラテックを指します。
  3. 海外法人とは、海外製造販売法人である上海特殊陶業、常熟特殊陶業、友進工業、韓国NTKセラミック、タイNGKスパークプラグ、サイアムNGKスパークプラグ、アジアNGKスパークプラグ、マレーシアNGKスパークプラグ、インドネシアNGKスパークプラグ、インド特殊陶業、米国特殊陶業、Wells Vehicle Electronics,L.P.、ブラジル特殊陶業、フランスNGKスパークプラグ、南アフリカNGKスパークプラグと、海外販売法人である台湾NGKスパークプラグ、ベトナムNGKスパークプラグ、フィリピンNGKスパークプラグ、オーストラリアNGKスパークプラグ、米国テクノロジー、カナダNGKスパークプラグ、メキシコNGKスパークプラグ、欧州NGKスパークプラグ、英国NGKスパークプラグ、NGKスパークプラグユーラシア、中東NGKスパークプラグを指します。
  4. 海外法人はエネルギー起源CO2排出量のみを集計しています。

2017年度のエネルギー使用に伴う温室効果ガス排出量、水使用量、排出物発生量の算定に対して、日本品質保証機構(JQA)による第三者検証を受け、下記の検証報告書を受領しました。