Global Eco Vision 2020グローバルエコビジョン2020

このページを印刷する

環境方針

私たちは、グローバルに展開するものづくり企業として、持続可能な社会の構築に寄与するため、総員参加のもと、環境保全と企業成長の両立を目指します。

行動指針

  • 当社独自の技術を活かし、環境配慮製品の開発と提供に努めます。
  • 環境保全のため、すべての事業活動を通じ、温暖化防止、資源有効利用および化学物質管理に重点をおいて取り組みます。
  • 全従業員が積極的に環境保全活動に取り組むよう、環境意識の向上を図ります。
  • 環境保全に関する法律、条例および協定を遵守します。
  • 情報開示とコミュニケーション活動の充実を図り、地域との共生を目指した環境貢献活動をおこないます。
  • これらを達成するため、環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。

基本的な考え方

環境問題は人類共通の課題です。そのため当社グループは、事業に伴う環境負荷を可能な限り抑制すること、環境改善に寄与する製品・技術を開発して提供することに、総員参加で取り組みます。また、地域社会をはじめとするステークホルダーの皆さまとのコミュニケーションを深め、ともに持続可能な社会の構築に寄与するよう努めます。

「グローバルエコビジョン2020」

当社は環境保全活動を進めるにあたり、環境の中期目標を定めています。2016年度からは、新たに「グローバルエコビジョン2020」としてありたい姿を描き、活動を開始しました。
グローバルエコビジョン2020では、重点的に取り組む環境課題として「資源有効利用」「地球温暖化防止」「化学物質管理」「環境配慮製品開発」の4つを掲げました。「環境意識向上」「法令遵守」「コミュニケーション」を土台として、これらの課題に事業活動を通じて取り組むことにより、ものづくり力の強化、ブランド価値の向上を図り、社会の持続可能な発展に貢献していきます。

持続可能な発展

環境行動計画と取り組み実績

大項目 小項目 2020年度目標 2016年度の実績
地球温暖化 生産 CO2原単位 2015年度比5%減
(年平均1%減)
【目標】 CO2原単位 2015年度比 1 %減
【実績】 CO2原単位 2015年度比 3.3 %減
省エネ推進部会による部門横断的な省エネ活動を実施しました。
物流 効率的な物流の推進 工場間の製品輸送効率化を実施しました。
資源枯渇 廃棄物 不良品の低減による廃棄物削減の推進 歩留向上等、本業と一体化した活動の推進により廃棄物を削減しました。
廃棄物発生量の抑制を考慮した製品設計の推進 製品設計段階で製品ライフサイクルを考慮した環境影響評価を実施しました。
効率的な水使用の推進 設備改造、運用見直しにより水使用量を削減しました。
原料 原料使用量の抑制を考慮した製品設計の推進 製品設計段階で製品ライフサイクルを考慮した環境影響評価を実施しました。
環境配慮製品 環境配慮製品認定制度の構築および環境配慮製品の拡充 環境配慮製品認定制度(案)を作成し、一部試行しました。
有害化学物質 ELV・RoHS・REACHをはじめとした法規制への確実な対応 化学物質管理部会による部門横断的な規制情報の共有化と規制対応を実施しました。
環境負荷物質の代替化の推進 2019年にRoHSで禁止物質となるフタル酸の代替化対応を実施しました。
HCFCの全廃 HCFCを充てんする機器の計画的な更新を推進しました。