Depletion of Resources資源枯渇

このページを印刷する

基本的な考え方

当社グループは、資源枯渇の対策として、製造工程における不良率を下げ、廃棄物排出量を削減し、排出する廃棄物が再資源化されるように処理することで社会へ貢献しています。
また、事業活動に使用する上水・井水を水資源と捉え、使用量の削減に取り組むことで、水資源課題の解決に貢献しています。

廃棄物排出量を削減

2015年度の廃棄物原単位は0.040トン/百万円でした。製造工程におけるセラミック汚泥排出量の削減や、工程歩留り向上などの要因により、2007年度に比べて原単位で59%改善しました。

廃棄物排出量の推移

上水・井水の使用量を削減

2015年度の水使用の原単位は4.67m3/百万円でした。製造条件変更による節水、節水効果の高い設備への改造・更新などの要因により、2007年度に比べて原単位で38%改善しました。

上水・井水の使用量の推移