President's Message for Stakeholdersトップメッセージ

このページを印刷する

昨年、当社は創立80周年の節目を迎えることができました。当社の設立趣意書には、国家の文化に貢献する旨が記されており、私たちはその想いをもって、1936年の創立以来、日本の経済発展や急速なモータリゼーションの拡大とともに事業を展開してきました。


しかし、これから先、世界や私たちを取り巻く環境はどうでしょう。政治や経済の行方、テロへの不安、大規模な災害の発生、自然環境の変化など、私たちには予想しにくい出来事や変化が起こり、社会的な課題はより複雑化・深刻化するおそれがあります。こうした状況の中、グローバルに事業を展開する当社への期待はこれまで以上に高まり、当社グループとして果たすべき責任も大きくなっていくものと認識しています。そのため、2016年11月に国連グローバル・コンパクトに署名し、「社会の良き一員」としてさまざまな活動を推進していくことを表明しました。今後も、グローバル企業の責任として継続的に成長し、世界の持続可能な社会づくりに貢献していきたいと考えています。


今年で2年目となる第7次中期経営計画では、すべてのステークホルダーの皆さまに「真価=真の価値(Real Value)」をお届けすることを目標としています。その実現のため、企業価値を向上させるコーポレートガバナンス体制を構築し、ステークホルダーの皆さまと積極的な対話をおこない、社会の発展につながる事業を展開していきます。また、その基盤として、多様な人材がさらに輝くフェアな企業風土や自立・挑戦・飛躍できる仕組みを作り、従業員がいきいきと働ける人“財”企業を目指します。そして、日本特殊陶業グループの存在感を高め、90周年、100周年と続く「世の中になくてはならない存在」として皆さまから信頼いただけるよう、日々努めてまいります。

2017年9月
代表取締役会長兼社長
社長執行役員
尾堂真一