新興国への挑戦

ニットクは「グローバル」という言葉が一般的になるずいぶん前から海外に進出し、スパークプラグ世界シェアNo.1の座を勝ち取ってきた。今後の自動車販売の主戦場となっていく新興国市場においても、ニットクはさまざまなアプローチを行っている。また、ニットクは新興国への挑戦を通して、拡大を続ける需要を確実にとり、大きな利益を重ねている。そこで得た豊富な資本を、その先の未来を担う次世代製品の開発にあてることができるのだ。

今後も自動車の需要は増え続け、あらたな需要の多くを新興国が担うと予想されている。つまり、新興国においてニットクのスパークプラグやグロープラグ、酸素センサ、温度センサなどのニーズは今後間違いなく高まっていく。中でも世界最大の自動車生産国・販売国となった中国や、その次の時代を担うインド、アフリカなどへのチャレンジを積極的に進めていく予定だ。

しかしながら、新興国とひとくくりにすることは難しく、国によって状況がまったく違っている。世界進出の中でも特に苦戦を強いられていたメキシコ・インド・中国の3つの国々では、ビジネスを軌道に乗せるためにさまざまな苦労もあった。

たとえばメキシコでは、政府が保護政策を行っていたため、現地生産を行っている他社にシェアが集中していた。しかし、NAFTA(米国・カナダ・メキシコの3カ国が合意した北米自由貿易協定)を活用して米国生産した製品をメキシコに送る形をとることで、市場に風穴をあけることに成功した。また、ちょうどその頃に日本人プロレスラーがメキシコで大活躍していたため、興行時のスポンサーとなって整備工場のメカニックを招待するイベント活動も行っていた。

インドでは商品に40%もの関税がかかってしまうため、いきなり現地生産を行うことを決めた。通常はお客様を確保してから販売会社を設立し、さらなる需要が見込める場合は現地生産を行うという流れとなるのだが、インドの場合は販路を確保する前に工場を作ってしまうという大きな“賭け”に出たのだ。

そして中国では、あらたなチャレンジとして中国専用のスパークプラグを発売した。それまでは自動車メーカーへのOEMを最優先してきたのだが、中国市場ではボリュームゾーンにミートする新商品の開発をしないと拡販が厳しいと判断したためだ。また、ニットクは中国全土にAPS(Authorised Parts Shop)という認定部品商の拡大を進めている。APSは一次代理店の下に位置し、ターゲットとなる自動車整備工場へ直接販売することをメインとした部品商を選んで認定。その仕組みにより、ニットク・代理店・APSが三位一体となってサービスを提供することができるのだ。また、中国では乗用車の保有台数が右肩上がりで増加しているが、大都市だけではなく3級、4級都市といった地方都市まで販売ネットワークを拡大することで、より良いサービス提供に努めている。さらに、中国では日中間のデリケートな政治問題の影響もあるため、『メイド・イン・ジャパン』ではなく『世界ブランド』を前面に出して営業展開していくなどの配慮も行っている。

ニットクの挑戦

  • 新時代への挑戦
  • 新興国への挑戦
  • 新事業への挑戦
エントリー済みの方 マイページ