会社を知る 会社概要・沿革

会社概要

社名 日本特殊陶業株式会社
英文社名 NGK SPARK PLUG CO., LTD.
創立 1936年(昭和11年)10月26日
資本金 47,869百万円
本社所在地 〒467-8525 名古屋市瑞穂区高辻町14-18
従業員数(就業人員) ・単独 5,829名(2016年3月) ・連結 14,524名(2016年3月)
事業内容 (1) スパークプラグおよび内燃機関用関連品の製造、販売
(2) ニューセラミックおよびその応用商品の製造、販売、その他
グループ会社 連結子会社 40社、持分法適用関連会社 2社

沿革

1936年(昭和11年) 日本特殊陶業(株)創立、資本金100万円 日本特殊陶業
1937年(昭和12年) NGKスパークプラグ製造開始 NGKスパークプラグ
1949年(昭和24年) NTKニューセラミック製造開始/東京・名古屋両証券取引所に株式上場
1958年(昭和33年) セラミックバイト、チップ製造開始/銅軸入りワイドレンジプラグ発売、自動車業界の先駆となる
1959年(昭和34年) ブラジル特殊陶業(株)設立(現 ブラジル特殊陶業(有)) ブラジル特殊陶業
1961年(昭和36年) (株)日特製作所設立
1962年(昭和37年) 小牧工場(愛知県)操業開始 小牧工場
1966年(昭和41年) 米国NGKスパークプラグ(株)設立(販売会社)
1967年(昭和42年) セラミックICパッケージ製造開始 セラミックICパッケージ
1973年(昭和48年) マレーシアNGKスパークプラグ(株)設立/自動車用温度センサ製造開始
1974年(昭和49年) 日和機器(株)設立/宮之城工場(鹿児島県)操業開始/サイアムNGKスパークプラグ(株)設立/(株)日特運輸設立
1975年(昭和50年) 英国NGKスパークプラグ(株)設立
1976年(昭和51年) 米国NGKスパークプラグ製造(株)設立(製造会社)
1977年(昭和52年) インドネシアNGKスパークプラグ(株)設立
1978年(昭和53年) 米国特殊陶業(株)設立(セラミック製造会社)
1979年(昭和54年) エクアドルNGKスパークプラグ(有)設立/ドイツNGKスパークプラグ(有)設立 [現 欧州NGKスパークプラグ(有)]
1980年(昭和55年) オーストラリアNGKスパークプラグ(株)設立/クイックグローシステム(QGS) 製造開始
1982年(昭和57年) カナダNGKスパークプラグ(株)設立/(株)神岡セラミック設立/(株)東濃セラミック設立/自動車用酸素センサ製造開始
自動車用酸素センサ
1984年(昭和59年) 米国特殊陶業(株)を存続会社とし、米国特殊陶業(株)・米国NGKスパークプラグ(株)・米国NGKスパークプラグ製造(株)の3社を合併/(株)可児セラミック設立/台湾NGKスパークプラグ(株)設立/(株)飯島セラミック設立
1985年(昭和60年) セラミックグロープラグ製造開始
1989年(平成元年) 友進工業(株)(韓国)資本参加/セラミックセンサ(株)設立
1990年(平成2年)
ヨーロッパ特殊陶業(株)設立/欧州テクニカルセンター完成/バイオセラミックス製造開始
バイオセラミックス
1991年(平成3年) スパークプラグ生産累計50億個突破
1992年(平成4年) メキシコNGKスパークプラグ(株)設立
1993年(平成5年) ブラジルテクニカルセンター完成/フランスNGKスパークプラグ(株)設立/(株)中津川セラミック設立/韓国NTK工具(株)設立 [現 韓国NTKセラミック(株)]
1994年(平成6年) 伊勢工場(三重県)操業開始/米国センサー(株)設立/台湾NTKセラミック(株)設立
1995年(平成7年) 米国ホールディング(株)設立
1996年(平成8年) 米国テクニカルセンター完成
1997年(平成9年)
NGKイリジウムプラグ発売/小牧テクニカルセンター完成/オーガニックICパッケージ量産開始
オーガニックICパッケージ
2000年(平成12年) NGKイリジウムIXプラグ発売
2001年(平成13年) シンガポールNGKスパークプラグ(株)設立/医療用酸素濃縮器量産開始/小牧 研究棟完成/(株)南勢セラミック設立
2002年(平成14年) 米国特殊陶業(株)と米国センサー(株)を、製品市場別に、米国特殊陶業 (株)と米国テクノロジー(株)に再編成/中東NGKスパークプラグ(株)設立
2003年(平成15年) 上海特殊陶業(有)設立/ポーランドNTK(有)設立
2004年(平成16年) 急速昇温タイプのセラミックグロープラグ量産開始
2005年(平成17年) タイNGKスパークプラグ(株)設立/生体活性骨ペースト販売開始
2006年(平成18年) インド特殊陶業(株)設立/プラグ国内生産100億個達成
2007年(平成19年) 南アフリカNGKスパークプラグ(株)設立
2008年(平成20年) フィリピンNGKスパークプラグ(株)設立
2009年(平成21年) (株)中津川セラミックを存続会社とし、(株)中津川セラミック・(株)可児セラミック・(株)飯島セラミックの3社を合併/(株)中津川セラミックの社名をNTKセラミック(株)に変更
2011年(平成23年) 常熟特殊陶業(有)設立
2012年(平成24年) ベトナムNGKスパークプラグ(有)設立
2013年(平成25年) (株)イースタンと資本・業務提携/(株)東濃セラミックの社名を(株)日特スパークテック東濃に変更/(有)NGKスパークプラグユーラシア設立/(株)スパークテックタイランド設立/日特電子(株)設立
2014年(平成26年) (株)日特スパークテック東濃 二野本社工場操業開始
2015年(平成27年) (株)日本セラテックの全株式取得/ウェルズマニュファクチャリング(有)の事業取得
2016年(平成28年) (株)日特製作所の社名を(株)日特スパークテックWKSに変更/(株)日本セラテックの社名を(株)NTKセラテックに変更/セラミックセンサ中津川(株)を設立

森村グループについて

日本特殊陶業は、1876年に創立された日本の貿易業界の草分けともいうべき『森村組』がそのルーツです。

正直で熱心な商人だった森村市左衛門は「海外に流出した財を取り返す!」と決意し、国のために海外貿易に挑みました。

やがて事業は陶磁器製造に至り『森村グループ』が生まれます。その運命の流れのひとつに、日本特殊陶業があります。

森村グループ沿革

沿革
エントリー済みの方 マイページ