インターンシップの声

社員の方と交流する機会が多く、日本特殊陶業の社内の雰囲気を直に感じることができました。特に社員の方からレベルに合わせた講習会/研修の実施や通信教育を受講できるのでありがたいとのお話を伺い、社員一人ひとりの人材育成に力を入れている会社だと感じました。
参加目的であった製品開発業務を、より実務に近い状態で経験することができ、企業が研究を行う際に重点を置いていることを鮮明な形で理解することができました。配属された部署の方々は、忙しい中でも、分からないことがあれば丁寧に教えてくださり、雰囲気が良く、働きやすさを感じました。
参加目的だった企業の技術者及び技術力について知ることができて大変満足しています。自分の手を動かし、実験を行い、結果が得られる点では大学での研究と共通ですが、その結果に対して企業の目的に合致した考え方で考察する必要がある点が大きな違いだと感じました。材料開発から機械設計まで専攻分野に限らず、開発チーム全体で活動していることが分かり、とても貴重な経験になりました。
試作をしている現場を見学させていただき、新しいことをする際の試行錯誤を直に感じられました。また、社員の方と会話をする機会がたくさんあり、チャレンジ精神が強く、活躍する場が多くあると思いました。
従業員の方々からのお話や実習を通じて、具体的な研究・業務内容を知ることができました。特に企業で研究を続けていくには、しっかりと利益が出ていなければ難しいということを改めて認識しました。
業務内容も充実しており、研修中はメンターの方に付いていただき、安心して研修を行うことができ、貴重な体験ができました。さらに、懇親会や座談会では様々な社員の方々と交流する機会を設けてもらうことで、気軽にお話を伺うことができ、社員の方々の人柄の良さを知ることができました。実習内容の発表会では、プレゼンの仕方についてのアドバイスを頂いたり、また、他の参加者との意見交換ができた点は良かったです。
様々な試験や、月初めの定例会にも参加させていただいたり、皆様の前で試験結果の報告などさせていただき、5日間でここまで充実した内容がおくれるとは思っていなかったので大変満足です。また、内容も濃く、大変勉強になりました。
大学の研究ではシミュレーションを行っているので実際に装置に触れて実際の製品の評価を行えたことは貴重な体験でした。また、スパークプラグに関する知識は全くなかったので新たな知見を得ることができた点が良かったです。

名称 【理系の学生限定】 実業務体験5daysインターンシップ
対象 理系の学生
内容 自動車部品、産業関連製品、さらには医療分野の製品など、幅広い事業ドメインを持つ日本特殊陶業のエンジニアが、普段どのような仕事をしているのかを5日間体験していただきました!
BtoBの企業ですので聞き馴染みがないかもしれませんが、数多くの世界シェアNo.1製品を生み出す技術力を持ち、海外売上比率が80%を超え、世界に影響力を発揮する当社で、働く楽しさを体験した声を集めました!
※新規開発・基礎研究・製品開発を行っている部署でのインターンシップです。
エントリー済みの方 マイページ