ゴールにたどり着くために、課題を1つ1つクリアしていく。

課題をクリアしていくことに、
やりがいを感じています。

入社から1年ほどセラミック技術部で量産のフォローを行い、そこから技術開発本部で次世代セラミックパッケージの開発に携わっています。
直近では、次世代半導体製造装置部品の開発に取り組んでいます。開発業務はゴールまでに長い道のりがあるので、そこにたどり着くまでの課題を1つ1つクリアしていくことに仕事のやりがいを感じています。

超タイトなスケジュールで、
試作品をなんとか完成!

僕のグループは量産品ではなく試作品をつくっているので、それをお客さんに提出して、評価いただいて、フィードバックするという作業を繰り返しています。
とても大変だったのは2012年ごろ、通常では考えられないとてもタイトなスケジュールで試作品の開発依頼が舞い込んできた時でした。その試作品はデザインの難易度が高く、開発時にどうしても必要な装置が1台しかない状態。グループみんなで話し合いを重ね、時差出勤をしてタイミングをずらしてその装置を使うことで、なんとかピンチを乗り切りました。
その仕事を通してグループの結束もより深まったと感じています。

大学の研究にこだわることなく、
未知にチャレンジするほうがいい。

ニットクの魅力は、さまざまな製品を取り扱っているところです。その分いろいろな仕事に挑戦できるし、それぞれで培ってきた技術が融合し、さらにあたらしいモノが生まれています。就活中の学生さんには、自分の研究テーマだけにこだわることなく、今まで知らなかったことにチャレンジするほうがいいとアドバイスしたいです。大学の研究と実際の仕事は直結しないこともありますが、それを嫌がらずに、未知に向かって積極的にチャレンジしていく人が成長するのだと思います。

CARRER STEP

2007年 セラミック技術部にて量産フォロー
2009年 次世代セラミックパッケージの開発

1日の生活

MY CHALLENGE

最近、数年ぶりにランニングを再開しました。中・高と陸上部で長距離をやっていたのですが、入社してからは運動する機会が減ったのでダイエットをかねて走っています。以前に1度だけ挑戦したフルマラソンに、もう一度チャレンジしてみたいです!

PREV
ニットークTOP
PREV