財務状況

連結業績ハイライト

(単位:百万円)

2018年3月期第2四半期の業績は、売上高および経常利益・純利益で過去最高となりました。自動車関連事業では、中国の好調な自動車販売を背景に、当社販売も堅調に推移いたしました。また、半導体関連事業においても、前年同期比で大幅に収益が改善いたしました。円安の影響も受け、営業利益は、前年同期比で59億円の増益となりました。

通期予想(2018年3月期)

(単位:百万円)

売上高 408,200
営業利益 66,400
経常利益 70,500
親会社株主に帰属する当期純利益 47,000

売上高営業利益率

(単位:%)

※記載金額は百万円未満を切り捨てて表示しております。

ROE

(単位:%)

※記載金額は百万円未満を切り捨てて表示しております。

連結貸借対照表

(単位:百万円)

連結キャッシュ・フローの概要

(単位:百万円)

※上記グラフは現金及び現金同等物に係る換算差額(1,630百万円)の表示を省略しております。


2017年3月期第2四半期では、新規に持分法を適用した関連会社株式の取得があったため、当第2四半期は、投資活動によるキャッシュ・フローが減少いたしました。また、通期での設備投資計画を見直し、投資時期を検討した結果、通期では 期初計画よりマイナス104億円の380億円の設備投資へと変更しています。

配当金

(単位:円)

当社は、株主の皆様への利益還元を経営における最重要政策のひとつと認識し、安定的な配当を基本方針としております。中間配当金につきましては業績および今後の事業展開を踏まえ、前年より9円増配し、30円とさせていただきました。また期末配当金につきましても同様に30円を予定しています。