セグメント別業績の概要

自動車関連事業

北米においては前年同期を下回っているものの、中国を始めとした好調な新車販売を受け、当社販売も堅調に推移しました。また、補修用製品の販売も、中国市場及びASEAN地域での好調な販売を受け堅調に推移しました。この結果、前年同期と比べ当第2四半期の売上高は10.3%アップの1,687億43百万円、営業利益は11.3%アップの332億4百万円となりました。

売上高 1,687億円
営業利益 332億円

テクニカルセラミックス関連事業

半導体関連

不採算製品の撤退を進めており、全体としては前年同期に比べ減収となっていますが、 スマートフォン向け部品等の出荷が伸びたことと、 拠点の集約による生産性の向上により前年同期に比べ収益が改善しました。この結果、前年同期と比べ当第2四半期の売上高は10.2%ダウンの91億48百万円、営業損失は15億3百万円(前年同期は33億43百万円の営業損失)となりました。

売上高 91億円
営業損失 15億円

セラミック関連

工作機械向け及び産業機器向けの出荷は堅調に推移しました。特に半導体製造装置用部品の出荷が伸びたことが売上高の増加要因となっています。この結果前年同期と比べ当第2四半期の売上高は22.5%アップの188億10百万円、営業利益は940.7%アップの6億72百万円となりました。

売上高 188億円
営業利益 6億円
  1. ※他に、「その他」の区分として、売上高18億57百万円、営業利益1億9百万円があります。
  2. ※記載金額はすべて連結ベースで表示しております。