News 20172017年のニュース

このページを印刷する

各位

2017年04月03日
日本特殊陶業株式会社

企業情報

小牧工場で円筒形の固体酸化物形燃料電池(SOFC)と マイクロガスタービン(MGT)を組み合わせた 「加圧型複合発電システム」の運転を開始

日本特殊陶業株式会社(会長兼社長:尾堂真一、本社:名古屋市瑞穂区)は、当社小牧工場内(愛知県小牧市)に円筒形の固体酸化物形燃料電池(SOFC)とマイクロガスタービン(MGT)を組み合わせた「加圧型複合発電システム(三菱日立パワーシステムズ株式会社製)」を設置し、運転を開始しましたので、下記の通りお知らせいたします。なお、本事業は国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の助成を受けた実証事業です。


加圧型複合発電システム設置の背景
当社では、2017年3月期より第7次中期経営計画(2017年3月期~2021年3月期)をスタートさせ、柱のひとつとして「新規事業の創出」をテーマに掲げ、自動車関連事業以外の中核事業を創出し、事業構造の変革を進めております。中でも固体酸化物形燃料電池(SOFC)については、当社のコア技術であるセラミックスの成形・印刷・焼成技術を活用した製品として注力しており、平板形SOFCと円筒形SOFCの研究開発を進めております。

円筒形SOFCについては、2014年6月に三菱日立パワーシステムズ株式会社(以下、MHPS)と円筒セルスタックの量産に向けて業務提携を締結し、開発を進めてまいりました。具体的には、MHPSの長年の研究開発により培った円筒セルスタックの開発・設計・製造技術と当社が保有するセラミックスの量産技術を融合させることで、円筒セルスタックの生産体制を構築し、将来の本格的な量産のための生産技術を共同で確立することを目指しております。

小牧工場に加圧型複合発電システムを設置することで、今後、コジェネレーションシステムとしての運用効率や運転性、耐久性などの検証と、円筒セルスタックのコスト低減や量産に向けたノウハウなどの課題を探り、両社の取り組みをさらに加速させてまいります。この実証機で発電した電気や発生させた蒸気は、小牧工場第3工場にて生産設備や空調に使用いたします。

今後は、この実証試験を通して、MHPSと共同で、エネルギー・環境問題の改善に資する有力な選択肢であるSOFCの実用化をさらに前進させ、その普及に貢献してまいります。

加圧型複合発電システムの概要
(1)機種:燃料電池複合発電システム HYBRID-FC
(2)定格発電出力(kW):250kW級
(3)送電端効率(%)-LHV:55%
(4)サイズ:W3.2m × L12.0m × H3.5m 
(5)燃料:都市ガス 13A
  ※今回の実証事業の結果をふまえて、最終仕様を確定予定。


図①・・・加圧型複合発電システムの構成
図②・・・円筒形SOFCセルスタックの構造
加圧型複合発電システムの外観