News 20172017年のニュース

このページを印刷する

各位

2017年07月06日
日本特殊陶業株式会社

CSR

ESG投資のための3つの新株価指数の構成銘柄に選定 ―MSCI社とFTSE Russellの3つの新指数に採用―

 日本特殊陶業株式会社(会長兼社長:尾堂真一、本社:名古屋市瑞穂区)は、グローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russell(※1)により構築された「FTSE Blossom Japan Index」、および米国MSCI社(※2)が開発した「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」と「MSCI日本株女性活躍指数」の構成銘柄となりましたので、下記の通りお知らせいたします。


 これらの3指数は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG投資を行う際の指数として選定されています。

 「FTSE Blossom Japan Index」は、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフォーマンスを反映するインデックスで、業種ニュートラルとなるよう設計されています。FTSE Russellはコーポレートガバナンス、健康と安全、汚職防止、気候変動といったESGテーマの企業評価を行っています。「FTSE Blossom Japan Index」は、ESG評価に基づき環境、社会、ガバナンスに関する多様な基準を満たしている企業により構成されています。

 「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」は各業種の中からESG格付けが相対的に高い企業を選別して構成されています。また、「MSCI日本株女性活躍指数」は各業種の中から性別多様性に優れた企業で構成されています。

 当社は、今後も「社会の良き一員」としてESG課題に真摯に取り組み、社会の持続的発展に貢献してまいります。


※1 FTSE Russell(フッツィーラッセル)
 ロンドン証券取引所の完全子会社であり、投資家向けにインデックス、データ、分析ソリューションを幅広く作成・管理する、世界の大手グローバルインデックスプロバイダー。

※2 MSCI社
 世界中の機関投資家に対して投資意思決定をサポートする様々なツールを提供するリーディング企業。ESGリサーチの最大手であるとともに、その指数をベンチマークとする運用資産額が世界で580億米ドルを超えるESG指数最大手でもある。