News 20172017年のニュース

このページを印刷する

各位

2017年09月19日
日本特殊陶業株式会社

CSR

「Dow Jones Sustainability Index(DJSI)」で 「Asia Pacific Index」構成銘柄に初選定

 日本特殊陶業(会長兼社長:尾堂真一、本社:名古屋市瑞穂区)は、世界的な社会的責任投資(SRI)の株価指標である「Dow Jones Sustainability Index(DJSI)」のアジア・太平洋地域を対象とした「Asia Pacific Index」の構成銘柄に初めて選定されました。



 DJSIは、米国のS&P Dow Jones Indices社とスイスのRobecoSAM社が共同開発した指標であり、社会・環境・経済の3分野から企業を分析し、持続可能性(サステナビリティ)に優れた企業を選定するものです。

 当社グループは、「事業を通じて社会の役に立ちたい」という想いのもと、「事業価値」の向上と「社会的価値」の向上の両立に取り組んでおり、今回の選定は、こうした取り組みを評価頂いた結果と考えております。

 また、DJSIのほかに、今年は以下のインデックスにも選定されております。
 ・FTSE Blossom Japan Index
  英国のFTSE Russell社が作成する日本株のインデックスで、ESG評価に基づき環境、社会、
  ガバナンスに関する多様な基準を満たしている企業により構成されています。
 ・MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数
  米国のMSCI社が作成する日本株のインデックスで、
  各業種の中からESG格付けが相対的に高い企業を選別して構成されています。
 ・MSCI日本株女性活躍指数(WIN)
  米国のMSCI社が作成する日本株のインデックスで、
  各業種の中から性別多様性に優れた企業で構成されています。

 今回の選定を励みとして、当社は今後も、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。