News 20192019年のニュース

このページを印刷する

各位

2019年04月12日
日本特殊陶業株式会社

トピックス

「FC岐阜&日本特殊陶業 presents
GIFUTO 10 BALL プロジェクト」実施のお知らせ

日本特殊陶業株式会社(社長:川合尊、本社:名古屋市瑞穂区)は、トップパートナーを務めるFC岐阜と「FC岐阜&日本特殊陶業 presents GIFUTO 10 BALL プロジェクト」を実施することとなりましたので下記の通りお知らせいたします。

■「FC岐阜&日本特殊陶業 presents GIFUTO 10 BALL プロジェクト」概要

主力製品であるスパークプラグの主要部品を製造する日特スパークテック東濃をはじめ、岐阜県に3つの子会社を置く当社は、「地域貢献」を目的として、2014年からFC岐阜をトップパートナーとして応援しています。今回、当社は岐阜県の明るい未来を切り開く子どもたちを育む社会貢献活動の一環として、「FC岐阜&日本特殊陶業 presents GIFUTO 10 BALL プロジェクト」をスタートさせます。


2019明治安田生命J2リーグの試合において、FC岐阜の選手が得点した1ゴールにつき10個のボールを、岐阜県サッカー協会に寄贈します。寄贈したボールは、2019シーズン最終戦(2019.11.24 VS東京ヴェルディ戦)後に、岐阜県サッカー協会を通じて、岐阜県内の第4種のサッカーチーム(12歳未満の選手で構成されるチーム)にプレゼントします。
※ゴール数には、すでに終了している第1節~第8節までのゴール数も含めます。


現在のゴール数(寄贈するボールの数)は、4月下旬より、FC岐阜のwebサイトで最新状況を随時お知らせする予定です。


FC岐阜webサイト:https://www.fc-gifu.com/


今後も当社は、FC岐阜を応援するとともに、「良き企業市民」として、社会に貢献してまいります。