News 20222022年のニュース

このページを印刷する

各位

2022年04月01日
日本特殊陶業株式会社

トピックス

2022年度入社式 社長挨拶

日本特殊陶業株式会社(本社:名古屋市東区)は本日、小牧工場N-FORESTにて、2022年度の入社式を開催しました。当社社長 川合尊による新入社員へのメッセージは以下の通りです。

皆さん、入社おめでとうございます。
ようこそ、日本特殊陶業へ。
本日、新入社員34名の皆さんを新しい仲間としてお迎えできたことを嬉しく思っています。日特グループ全社員を代表し、心より歓迎します。

今年入社した皆さんには、三つの「初めて」があります。
まず一つ目が、皆さんは、100%オンラインの採用活動で採用された最初の世代ということです。
そして二つ目。今回の入社式は、今いるこのN-FORESTで開催される初めての入社式ということです。
N-FORESTは、「変わる日本特殊陶業」を象徴する建屋であり、日特の新たな働き方や、イノベーションの創出を推進する拠点として、昨年8月に稼働しました。従業員の多様な働き方に加えて、テントやハンモックといったオフィスではあまり見かけないような設備もありますので、研修期間中に時間があればぜひ見にいってください。
そして三つ目。当社は昨年4月1日にカンパニー制の導入、一部事業の分社化を行いました。この新しい体制が走り出してから迎える最初の新入社員が皆さんです。
この組織変更の狙いは、それぞれの事業の意思決定のスピードアップ、独り立ち、従業員一人ひとりの意識の変化です。今後、皆さんがこの中核を担っていくことになるでしょう。

コロナ禍、ロシア・ウクライナ問題など、世界では想像もしないようなことが起こっています。昨日の常識が今日の常識ではなくなる、そんな激動の時代です。
その中で日々をどう過ごしていけばいいのか、そんな思いを抱くこともあるでしょう。

これから当社で過ごす中で、「あなたの軸は何か?」と問われる機会が多くあると思います。軸とは判断基準であったり、ポリシーであったり、立ち戻る場所のことを指します。ぜひ、社会人生活の中で自分の軸を持ってください。軸があれば、迷った時に自分の判断基準に立ち戻ることができ、判断に意志が生まれます。意志のもとには仲間が集い、困った時に力を貸してくれるでしょう。
軸は人それぞれのものですので、ここにいる34名分、34通りの軸があって良いのです。自分自身の軸を持って、自信を持って社会人生活を送ってください。

当社は、2020年に「2030 長期経営計画 日特BX」“Beyond ceramics, eXceeding imagination”「セラミックスのその先へ、想像のその先へ」を掲げました。
2040年の当社のあるべき姿を若手社員・中堅社員・役員で議論することから始め、その「あるべき姿」からバックキャストして策定したもので、今、2030年の目標に向けて新規事業の創出や事業構造の転換を進めています。
皆さんも、長期経営計画の行動指針”Change with Will”、そして、「グローバル」「スピード」「フェア」を心がけ、「延長線上にない変化」に挑戦をしていただきたいと思います。

最後に、毎年お話ししていますが、私の好きなマザーテレサの言葉を贈ります。

「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから」。この言葉を私はこう解釈しています。「よく考えなさい、そうすれば言葉が変わる。言葉に出しなさい、そうすれば行動につながる。行動しなさい、そうすれば習慣が変わる。習慣を見直しなさい、そうすれば性格が変わる。そして性格が変われば、運命が変わる」。
我々の運命は我々が決めていくものだと思っています。皆さん、ぜひこれからの日々の中で自身の存在価値を考え、示していってください。期待しています。

以上