Metal Type Glow Plugメタルグロープラグ

このページを印刷する

メタルグロープラグについて

発熱コイルを耐熱メタルチューブの中に収めたグロープラグです。

主な製品

AQGS用メタルグロープラグ

用途

従来のSRMグロープラグに比べ、昇温性能を向上させた高性能の急速昇温メタルグロープラグです。エンジンのキーON後、急速に昇温し、スムーズなエンジン始動に貢献します。また、低電圧駆動のグロープラグのため、コントローラを用いて電圧をPWM制御することでクランキング中の電圧降下時やポストグロー時でもヒータを高温に維持できます。高温でのロングポスト通電により、アイドル安定性やエミッション低減に効果があります。

特徴

急速昇温タイプのメタルグロープラグで、DC11V1,000℃到達時間2秒での昇温が可能。また、PWM制御により温度制御され、長時間のポストグローにも対応する。
ヒータバリエーションも豊富。

SRMグロープラグ

用途

主にポストグロー通電を必要とする車両に用いられるグロープラグです。電圧を制御するコントローラが必要なく、簡易なシステムでポストグロー通電が可能です。制御コイルの材料を独自開発し、ロングライフを達成しています。

特徴

定格電圧印可後4.5秒で800℃に到達する。簡易なシステムで長時間のポストグロー通電が可能。発熱チューブ径に様々なバリエーションがあります。
また、省電力仕様となっています。

その他

QGS型グロープラグ(2材)

QGS1材タイプのグロープラグよりも昇温特性を改善し、始動時間の短縮を可能としたグロープラグです。QGS1材のグロープラグは1つの発熱コイルから構成されていましたが、制御するコイルを組み合わせることにより、急速昇温しても発熱コイルの過熱を抑制することができます。プリグロー時のみ使用する汎用エンジンに多く見られます。

QGS型グロープラグ(1材)

QGS型グロープラグは、特殊なQGSコントローラと組み合わせて使用します。1材タイプのQGS型グロープラグは抵抗値が小さく、一般型や速熱型グロープラグに比べ発熱コイルに非常に大きな電流が流れるため、急速に温度が上昇します。そのため、予熱時間を非常に短くすることが出来るので、エンジン始動性が向上します。

速熱型グロープラグ

速熱型グロープラグは、温度上昇に従い抵抗が大きくなる発熱コイルを使用しています。通電直後は抵抗値が小さく、大きな電流が流れるため、一般型よりも急速に昇温しますが、抵抗が増加すると電流が小さくなり、温度上昇が抑えられます。

一般型グロープラグ

一般型グロープラグは、温度による発熱コイルの抵抗値変化は無く一定の電流が流れます。

グロープラグに関するお問い合わせは、プラグスタジオからお問い合わせください。

この製品に関するお問い合わせ