Challenge of Innovationプラズマ技術

空気浄化に貢献する
「プラズマ技術」

目に見えない有害物質を除去し、空気を浄化することが出来るプラズマ技術の開発に取り組んでいます。
当社の得意なセラミックの技術を活かし、耐久性が高く、安定的にプラズマを発生させることが可能です。

プラズマ技術がもたらす環境浄化へのイノベーション

空気中には様々な有害な物質が漂っていることをご存知でしょうか?
環境を悪化させる排出ガスや、重篤な感染症をもたらすウイルスなど、目に見えない危険がたくさん潜んでいます。
更に、人間だけでなく、例えば食品や農作物の品質に影響を与える細菌やカビ菌等の菌も存在しています。
当社で開発中のプラズマ技術はそれらの目に見えない有害物質を無害化し、環境浄化に貢献する技術です。

プラズマとは

プラズマは固体・液体・気体に続く物質の第4の状態の名称です。気体に電気エネルギーを与え、原子を構成していたプラスの原子核とマイナスの電子が自由に飛びまわる状態(電離)となり、これをプラズマ(電離気体)と呼びます。

身近な現象ですと、雷やオーロラ等がプラズマの状態であり、宇宙を構成する物質の99.9%はプラズマだと言われています。

プラズマ発生の仕組みと特徴

<仕組み>
電極を内包したセラミックパネル間に交流高電圧を印加すると放電が起こり、プラズマが発生。プラズマが分子間の結合を切断したり、反応性の高い活性種を発生させます。

<特徴>

  • プラズマの発生部に対象物質を通過させることにより、効率的に酸化・分解。
  • 耐久性が高く、安定してプラズマを発生可能。(電極がセラミックで守られており、耐摩耗性/耐腐食性に優れる)
  • プラズマ発生体に合わせてマッチングした高電圧出力電源も共に開発中。ユニット・装置での販売を検討中。

空気浄化性能の評価結果

  • その他下記の除去性能を確認

    • 大腸菌ファージ(Escherichia coli phage φX174 NBRC 103405)
      99.99%除去(北生発2015_1310号)
    • 緑カビ菌(Penicillium digitatum MAFF 242809)99.3%除去
      (北生発2017_0170号)
    • ※試験方法:試験微生物を含む空気を装置に通過させ、処理有り、無しの場合の通過した菌数を比較。
    • ※流量など試験条件により除去性能は変化します。
    • ※試験機関:(一財)北里環境科学センター
    • ※流量など試験条件により除去性能は変化します。
    • ※エチレン除去時に発生するオゾン等の副生成物の低減のため、触媒等が必要になる場合があります。
    • ※試験機関:(株)東レリサーチセンター

    (この試験は当社が東レリサーチセンターに試験を依頼した装置について、指定の方法でおこなったものです。)

プラズマ発生技術の用途案

本技術に関するご質問、ご検討したい用途、
協業のご提案がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ