IGNITE YOUR SPIRIT PROJECT

PROJECT022018.03.11

「名古屋ウィメンズマラソン」の
オフィシャルスポンサーとして、
女性たちを応援しています

マラソンフェスティバル
ナゴヤ・愛知2018

下へスクロールする

女性の“わくわく”したエネルギーがあれば、
もっと魅力的な社会になるはず。

日本特殊陶業は、女性がもっと輝ける社会になることを願って
世界最大規模のマラソン大会である「名古屋ウィメンズマラソン」をサポートしています。

華やかで美しい世界最大のマラソン大会

2018年3月11日午前9時10分。あたたかい春の日差しのもと、華やかなウェアをまとったランナーたちがナゴヤドームを飛び出しました。「名古屋ウィメンズマラソン」のスタートです。今年は21,915人が出走し「世界最大の女子マラソン」としての自らのギネス世界記録を更新しました。

この日、「名古屋ウィメンズマラソン」に加え「名古屋シティマラソン」(男女ハーフマラソン・男女クオーターマラソン・チャレンジラン) を合わせた「マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知2018」には、4万人ものランナーが参加。日本最大のマラソンの祭典となりました。

酸素バーでリフレッシュ体験をご提案

ウィメンズマラソンの発着地点のナゴヤドームでは、3月9日から11日にかけてランナーをサポートし大会を盛り上げる「マラソンEXPO」が開催されました。大会のオフィシャルスポンサーである日本特殊陶業はここに酸素バーを開設し、ランナーや一般のお客さまにリフレッシュ体験を楽しんでいただきました。

酸素バーは、日本特殊陶業が大会のスポンサーとなった4年前から続けている企画です。全社で推進している女性が活躍できる職場づくり “DIAMONDプロジェクト”に合わせて、女性が輝く「名古屋ウィメンズマラソン」を応援しよう、と始めました。そこで目を付けたのが酸素濃縮装置という自社製品。疲れたランナーのみなさんにリフレッシュしていただくためのブース、というアイデアが固まりました。

当社製品の多くは、女性にほとんど知られていませんが、酸素バーは日本特殊陶業という社名を知っていただき、女性が活躍できる職場づくりに取り組んでいる企業であると知っていただける機会です。 酸素バーの運営により、これまでに何千人ものお客さまと直接接することができました。この経験を活かして、当社のこれからの社会貢献のあり方を考える大切なきっかけとしていきたいと考えています。

自社製品がほめられる喜び

日本特殊陶業 メディカル事業部 神谷

酸素バーで使っているのは当社製の酸素濃縮装置。空気中の窒素をセラミックスで吸着することで酸素濃度を90パーセントほどに高め、吸引していただくものです。ランナーの方はもちろん、一般のご家族連れの方にも体験していただくことができました。想像以上の盛況ぶりに驚きましたが、お客さまから励ましの言葉をかけていただいたり、製品をほめていただいたりと、楽しいことばかりでしたので仕事にも張り合いが出ますね。

社員ボランティアとして参加して

日本特殊陶業 品質統括本部 村松

社員ボランティアとして2回目の参加です。沿道で女性ランナーを応援していた時に、もっとこの大会に関わりたいな、と思って酸素バーの運営に参加しました。女性のみなさんにリフレッシュしていただき、楽しく走っていただくことが目標です。この活動で当社の名前や製品のことを広く知っていただけたらうれしいです。

お客さまの声

前日参加のみなさん

高橋さん

今年初参加です。スポーツジムでトレーニングを積んでいますが本格的にマラソン向けの練習をしているわけではないので、目標は5時間半を切ることですね。酸素バーでベルガモットの香りの酸素を吸っていやされましたので、明日は頑張ります。

山本さん、吉岡さん、岡田さん

この大会は3人とも2回目の参加で、楽しみにしてきました。私たちはスポーツ大好きで、マラソンは他の大会にも何度も参加しています。練習も大会前には、月に100km、200km走ることも。楽しさはやはり達成感。次につながりますね。明日は3人とも目標タイムを切りたいですが、まずは完走めざして走ります。酸素バーですっきりしました。

手前から 山本さん、吉岡さん、岡田さん

金沢さん

2人とも大学2年生で初参加です。陸上経験はないですがフルマラソンに挑戦します。目的は女性だからまずは美容と健康ですね。目標は完走と5時間台でフィニッシュすること。酸素バーはいやされましたね。

滝さん

昨年この大会を観て、一緒に参加したいなと思って今回応募したら2人とも参加できてうれしいです。完走できたらこの経験が今後の人生に生きると思います。頑張って完走したら両親に自慢します。

滝さん(左)、金沢さん(右)

向迫さん

初めて参加しますが、女性だけの大会だからワクワクしています。フルマラソンは2回目。練習でも走るのは好きで、走れる距離が伸びていくと、できることが広がるみたいで楽しいです。目標タイムはありませんが自分が納得できればいいし、完走できればうれしいです。成し遂げた経験が仕事にも生きていくと思いますので頑張ります。ゴールしたらまた酸素バーを経験したいですね。

関口さん

名古屋シティマラソンのハーフマラソンに参加します。ゴールした後、彼女を応援します。これまで2人で練習してきたので特別な楽しみがあります。走るのが大好きで、明日は1時間25分をめざします。

関口さん(左)、向迫さん(右)

加藤さん

フルマラソンは何度も出ていますが、今シーズンは2回目です。名古屋ウィメンズマラソンは女性にふさわしい、きれいな大会だと思います。目標は4時間15分。ベストをめざして走ります。マラソンの達成感、充実感は、他の楽しみとは違いますね。酸素バーでリフレッシュできたので明日は頑張ります。

当日参加のみなさん

森原さん

この大会は4回目で、毎回楽しみにしています。というのも、女性だけのマラソンということもあって、ウェアもカラフルでかわいいし、大会自体が華やかで気持ちも高まります。昨年は4時間を切って自己ベストを出したのですが、今年は惜しくも4時間7分でしたが気持ちよく走り切ることができました。すっきりできたので仕事も育児も頑張って、来年もぜひ参加したいですね。

伊藤さん

4回目にして自己ベストを5分ほど更新しました。走るのは大好きです。走った後には、いつも今までの自分とは少し違うと感じられるからです。特にフルマラソンはそうですね。ゴール後の酸素バーでは香りでリラックスできました。気分がいいので自宅にほしいくらいです(笑)。

纐纈さん

初めてハーフマラソンに挑戦。2時間を切ることができました。走ることは達成感があるし、ステップアップしていく手応えがうれしくて大好きです。今日は「やった!」という感じですね。今回は姉と参加できてよかったです。すっきりしたので明日からまた頑張ります。

纐纈さん(左)、伊藤さん(右)