通信

Communications

1980年代。移動体通信の普及とともに、基地局からの電波が届くサービスエリアが拡大し、無線基地局の増設が必要となりました。
当社は、1983年(昭和58年)から誘電体材料の開発に着手し、無線基地局の小型化に寄与する誘電体共振器の開発を本格的にスタートしました。
(誘電体事業は、2014年に事業譲渡しています。)

Timeline:

  • '30
  • '40
  • '50
  • '60
  • '70
  • '80
  • '90
  • '00
  • '10
  • '20