Message from Presidentトップメッセージ

このページを印刷する

「挑戦のマインド」で果敢に課題に立ち向かう

日本特殊陶業グループは、1936年の創業以来、私たちのものづくりの原点である「総員参加」「良品主義」の理念の下、セラミックスの可能性を探求し、社会の発展に貢献しお客さまとの信頼を築き上げてきました。

自動車関連ビジネスと共に成長を続けてきた当社80年を超える歴史の中で、今まさに大きな変革の局面を迎えています。電気自動車をはじめとした技術革新が急速に進行し、経済構造そのものが大きく変化しようとしています。今こそ現状に留まる事無く、この流れを最大限に利用し、当社が“新たなステージ”へ向かい大きく飛躍するチャンスです。

2010年に10年後のあり方を見つめた長期経営計画『日特進化論』も、2020年3月期からいよいよ最終ステージ「真価」のステージとなります。当社が無くてはならない企業として世の中に貢献し真価を提供し続けるためには、当社コア技術を中心に現状ビジネスの拡張・効率化を加速するとともに、「市場に根ざすビジネス」を新たに創出していくことが急務となります。

これからの日本特殊陶業グループは、過去の成功にとらわれること無く、私たち自身が考え実行する事で新たなステージを目指します。環境が急激に変わる中、これまでに培われた「日特ウェイ」という共通価値観(軸)を持ちながら、従業員一人ひとりが新たなマインドセット=「挑戦のマインド」「Something New」を常に意識し、危機感を持って社会課題の解決を成し遂げていきます。
今後も日本特殊陶業グループに変わらぬご愛顧、ご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

代表取締役会長
尾堂 真一

代表取締役社長社長執行役員
尾堂 真一