Initiatives to Improve Quality品質向上の取り組み

このページを印刷する

基本的な考え方

当社は、すべてのステークホルダーにとっての価値を創出し、変化に柔軟かつ迅速に対応できる体制を整えたグループ企業となるために、TQM(品質経営)の概念を共有し、実践に取り組んでいます。CSR方針に基づいて、当社の品質基本規程を刷新し、TQM活動の柱である次の5つを定義しています。

1)品質保証

当社のお客さまおよび社会のニーズを満たす製品・サービスを提供するため、すべての業務を確立し、安全・安心を保証するとともに、新たな価値の創出に向けた開発活動を推進する。

2)日常管理

当社のすべての業務に対して、できばえを測定する方法・指標を考え、通常とは異なる結果が得られた場合には、迅速に原因究明し、対策を講じて品質の維持向上を図る。

3)方針管理

維持向上活動をさらに改善・革新し、お客さまにとっての新たな価値を創出し、変化する社内外環境に対応するために戦略と目標を持って、取り組むべき課題・問題を明らかにし、達成に向けて遂行する。

4)小集団改善活動

日常管理、方針管理を通じて明らかとなったさまざまな課題・問題に対し、小集団チームによる解決と、それを通じた人財育成を図る。

5)品質管理教育

品質の維持向上、改善・革新を活発にするため、その前提としてTQM活動の柱を理解・意識するとともに、組織が業務に沿った階層別の教育体系を確立し、実践する。

年間を通じた「品質活動行事」の実施

毎年11月の全国品質月間のみならず、年間を通じて品質活動行事を実施しています。品質展示会は、国内グループ会社の全拠点で開催し、毎年6,000名を超える従業員が来場して、当社の品質に対する考え方や職場のさまざまな品質活動に関する取り組みを共有する機会として役立てています。

品質展示会の様子

その他、品質標語の募集や品質講演会の聴講による品質意識の向上、日特グループQCサークル大会でのお取引先さまも含めた発表・聴講によるQCサークル活動の普及・拡大、海外事業所を含む現地トップ巡視による問題解決の促進など、各種行事を通じて全従業員参加型の品質の維持向上活動を推進しています。

日特グループQCサークル大会

SDCA活動

仕事と作業の標準化(「S」Standardize)は、当社のTQM(品質経営)を支える重要な役割を担っており、ものづくり企業として、製造現場における日常管理を安定的かつ確実におこなうための現場SDCA(標準化・実践・検証・見直し)活動を全社で推進しています。いつもと違う“職場の異常”に敏感になり、風通しが良く、ムリ・ムダ・ムラのない日常を維持することで、ものづくりの品質向上に繋げています。

ものづくりの質を高める品質教育

「ものづくりは人づくりである」として人財育成に取り組み、品質管理やQCサークル活動などの充実した教育プログラムを多くの従業員が受講しています。また、さらに一歩進んだ現場での実践活動を強化しています。受講者が身近なテーマで手法を実践することで手法スキルの向上を目指すとともに、周りの従業員への普及を期待しています。
また、継続的な品質改善によって安定した高い品質の部材を納入していただけるように、お取引先さまに対しても、品質や問題解決に関する教育や実践支援をおこなっています。

品質教育の様子

QCサークル活動(小集団改善活動)

身近な問題・課題を継続的に改善し、人材育成や職場力向上を目的としたQCサークル活動を、「NQC活動」(NはNittokuの頭文字)と称して展開しています。

NQC活動の成果発表・共有

NQC活動は、国内事業所のみならず、海外事業所における改善活動の普及と定着にも取り組んでいます。2015年より、毎年開催する国内グループ会社のNQC活動の発表会において、海外事業所の最も優秀な改善事例のチームを招待して合同発表をおこなっています。2017年度は、タイおよびサイアムの各事業所のサークルを招待し、活動内容に対する直接指導や発表練習サポートを実施してサークル活動のレベルアップを図りました。なお、タイ事業所サークルは、タイ現地におけるThailand Quality Prize 2018 (タイ全土から全業種の企業が参加する最も大きなQCサークル大会)のNew Born クラスに出場し、改善事例発表で見事2位を獲得しました。

タイ事業所サークル

計測管理

ものづくりには、信頼できる測定結果を得るための適切な計測管理が欠かせません。ブランドを守るために、グループ全体に計測の重要性を理解してもらい、日特本体はもとより日特グループ各社の課題に対応した活動をおこなっています。

日特本体への計測管理システムの展開

新しい製品は、従来からある製品と同じレベルの品質で市場へ展開する必要があります。また、新しい設備を導入した場合でも同様です。
新しい市場へ正しい値を提供するためには、正しい測定に関する知識を持つ人財育成と機器管理が必要です。機器精度を考慮した計測機器の選定、計測システムの妥当性評価などを含めた活動をおこなっています。

国内グループ会社への計測管理システムの展開

高いレベルで運用できるように、計測管理システムの統一基準を設定し、品質保証体制の強化へ繋げています。
計測管理システム監査および製造現場計測確認を各社に対して実施し、基準の統一、仕組み・管理の質の向上を図りました。また、各社での現場確認・人財育成に向けてキーマンを育成するなど、自主的なレベルアップの展開支援をおこなっています。

海外グループ会社への計測視点からの支援

定期的に海外グループ会社の工場を訪問し、計測視点で品質保証体制に関する支援をおこない、精度向上と安定化に貢献しています。

<校正技能認定>
現地の検査・校正に携わる従業員への教育および技能認定をおこなっています。測定者の計測スキル向上とモチベーションのさらなる向上を目指して計測技能コンペを企画し、各工場が競い合うことで日特グループ全体のレベルアップに繋がるよう活動しています。

<計測管理システム監査>
正しい計測機器が正しい状態にあるのかを判断するために、計測管理システム監査をおこなっています。コントロールプランを基準として製造現場を確認し、より踏み込んだ内容を把握することで、ものづくりに直結した計測管理レベルのさらなる向上を図っています。今後は各社で技能認定や教育、工程確認を自主的におこなえるよう、現地化を推進していきます。