Occupational Safety and Health Basic Policy労働安全衛生基本方針

このページを印刷する

労働安全衛生基本方針

私たちは、人間尊重を基本とし、労働安全衛生を企業活動の出発点と位置付け、行動します。

行動指針

  • 労働安全衛生に関する法規および自主基準を遵守します。
  • 労働安全衛生マネジメントシステムおよびパフォーマンスの継続的改善によってリスクを低減し、業務事故を撲滅します。
  • 従業員の健康障害を防止するとともに、心身の健康増進に取り組みます。
  • 全従業員に本方針を周知し、教育・啓発により自覚を促し、総員参加での労働安全衛生活動を広く展開します。

基本的な考え方

労働安全衛生は、従業員にとっては会社生活における最も身近なテーマであり、会社にとっても重要なテーマです。そのため、安全・安心で働きやすい職場を作ることが会社の責任であると考えています。
そこで当社は、災害ゼロで働きやすい職場の形成を目指して2006年にOSHMS(労働安全衛生マネジメントシステム)を構築しました。今後も総員参加で安全衛生活動に取り組み、安全文化を築いていきます。

推進体制

労働災害を撲滅し、快適な職場環境を形成するため、OSHMSを構築し、JISHA方式適格OSHMS基準に適合する事業場として認定を受けています。
労働安全衛生基本方針の下で工場方針および目標と計画を設定し、総員参加で安全衛生活動に取り組んでいます。その運用状況は内部監査で確認するとともに、各工場の安全衛生委員会および中央安全衛生委員会でも確認し、安全衛生水準の段階的向上を目指しています。

図 安全衛生推進組織

2015年度目標と結果

1. 業務事故の撲滅

2015年度 目標 結果 評価 2016年度 目標
適正な化学物質管理の推進 教育会を通し小分け容器へのGHSラベル貼付け展開、内部監査、職場巡視時に実施状況を確認した。 ・異常処置作業における止めず災害の撲滅
リスクアセスメントの浸透・定着
危険源の網羅的把握の推進
直接部門へ出向き、リスクアセスメントの普及浸透活動を実施した。
類似災害防止活動の推進 災害速報および他社災害速報を配信し、類似災害防止活動(啓発、調査)を適宜展開した。
即場KY、指差し呼称の浸透 委員会発信や職場巡回により活動の定着を推進した。 ・職場のリスクレベルの把握
安全衛生パトロール(行動面)の強化 安全観察を各工場へ展開し、安全衛生委員会にて継続実施した。

2. 作業環境の改善

2015年度 目標 結果 評価 2016年度 目標
職場の作業環境の維持と改善(衛生面、安全面) 作業環境測定を実施し、測定結果に基づいて改善。また、ストップ転倒災害PJの活動による改善を推進した。
  • 職場の作業環境の改善(衛生面、安全面)

3. 健康の増進

2015年度 目標 結果 評価 2016年度 目標
健康の自己管理の推進 継続的に保健指導を実施した。
また、衛生講話、健康増進フェアを各工場で予定通り、開催した。
  • 心と体の健康の自己管理推進
  • 心と体の健康注意者への職場確認
健康注意者の職場確認 健診後指導、および長時間労働に対して職場(個人)へ展開。必要に応じて、医療職が面談を実施。
他工場に先行して、小牧工場で部門ごとにメンタルヘルス勉強会を開催した。

4. 教育・啓発の充実

2015年度 目標 結果 評価 2016年度 目標
安全衛生教育・訓練の充実、体感教育の活用 各種安全衛生教育会および化学物質取扱者向けの特別教育を開催。安全衛生意識向上のため、安全衛生・環境大会を各工場で継続開催した。
  • ライン管理者による安全観察の推進
  • 安全衛生教育・訓練・啓発の推進と実践
  • 即場KY、指差し呼称の定着と会社・工場ルールの遵守
異常処置作業の手順化、教育(スキル評価)の推進 即場KYによる異常処置作業の把握、手順化を推進。職場巡回による即場KYの定着活動を実施した。