Occupational Safety and Health Basic Policy労働安全衛生基本方針

このページを印刷する

労働安全衛生基本方針

私たちは、人間尊重を基本とし、労働安全衛生を企業活動の出発点と位置付け、行動します。

行動指針

  • 労働安全衛生に関する法規および自主基準を遵守します。
  • 労働安全衛生マネジメントシステムおよびパフォーマンスの継続的改善によってリスクを低減し、業務事故を撲滅します。
  • 従業員の健康障害を防止するとともに、心身の健康増進に取り組みます。
  • 全従業員に本方針を周知し、教育・啓発により自覚を促し、総員参加での労働安全衛生活動を広く展開します。

基本的な考え方

労働安全衛生は、従業員にとっては会社生活における最も身近なテーマであり、会社にとっても重要なテーマです。そのため、安全・安心で働きやすい職場をつくることが会社の責任であると考えています。
そこで当社は、災害ゼロで働きやすい職場の形成を目指して2006年にOSHMS(労働安全衛生マネジメントシステム)を構築しました。今後も総員参加で安全衛生活動に取り組み、安全文化を築いていきます。

推進体制

労働災害を撲滅し、快適な職場環境を形成するため、OSHMS(労働安全衛生マネジメントシステム)を構築・運用しており、JISHA※1方式適格OSHMS基準に適合する事業場として認定を受けています。
労働安全衛生基本方針の下で、工場方針および各部門で目標と計画を設定し、総員参加で安全衛生活動に取り組んでいます。これらの運用状況は内部監査で確認するとともに、各工場の安全衛生委員会および中央安全衛生委員会でも確認し、安全衛生水準の向上を目指しています。

※1 JISHA : JISHA方式とは、中央労働災害防止協会(中災防)およびその認定機構が審査する規格。日本特有のKY活動、ヒヤリハット活動、4S運動などを盛り込んでいます。

安全衛生推進組織

2018年度目標と結果

1. 業務事故の撲滅

2018年度 目標 2018年度 結果 評価 2019年度 目標
トップによる職場の重大リスクに関わる作業の確認 職場のトップが、「重大リスクに関わる作業の実態」の確認をおこないました。これらの確認をもとに、安全な作業、効率的な作業となるような作業手順の見直し等の改善に繋げています。 トップによる職場の重大リスクに関わる作業の確認
リスクアセスメント結果の確認・把握 評価の妥当性を再確認し、重大リスクが隠れていないか見直しをおこない、改善に繋げています。 リスクアセスメント結果の再確認
日常的な安全管理の実践
~ 5-5観察の展開 ~
職場の日常管理の強化を目的に、管理監督者が毎日、午前と午後にそれぞれ5分間、職場を定点観察し、やり難い作業の改善および作業者とのコミュニケーションを向上させ風通しの良い職場作りに繋げています。 5-5観察の実施

※「5-5観察」とは職場の管理監督者が、毎日、午前と午後にそれぞれ最低5分間、職場を定点観察する活動です。

2. 作業環境の改善

2018年度 目標 2018年度 結果 評価 2019度 目標
職場の作業環境の改善(衛生面、安全面) 作業環境測定を実施し、測定結果に基づいて改善をおこないました。 第Ⅲ、Ⅱ管理区分の改善、第Ⅰ管理区分の維持

3. 健康づくりの増進

2018年度 目標 2018年度 結果 評価 2019年度 目標
心と体の健康の自己管理推進 従業員のストレスチェックをおこないました。 生活習慣病対策の実施
心と体の健康注意者への職場連携強化 健康増進フェアや健康・衛生講話を開催しました。 メンタルヘルス対策の実施
受動喫煙対策の実施

4. 教育・訓練・啓発の充実

2018年度 目標 2018年度 結果 評価 2019年度 目標
職場安全衛生教育の推進と実践 各種安全衛生教育会および化学物質取扱者向けの特別教育を開催しました。また、安全衛生意識の向上のため、2018年度も継続して安全衛生・環境大会を各工場で開催し、従業員の安全意識向上を図りました。 安全衛生教育の実施
即場KY※1、「ポ・ケ・手・な・し」※2の定着 ハンドブックの配布および立哨活動などにより即場KY、「ポ・ケ・手・な・し」の定着を図りました。 即場KY、「ポ・ケ・手・な・し」の実施
交通安全啓発活動の推進
~かもしれない運転の実践~
交通安全への意識向上を目的とした取り組みや地元の交通安全運動への参加などを通じて交通安全啓発活動をおこないました。また、ドライブレコーダーを活用し従業員の運転マナーの向上を図りました。 交通KYTの実施

※1:「即場KY」とは、初めての作業や久しぶりにおこなう作業の前に、その場で危険箇所や手順を確認してヒューマンエラーによる事故を防ぐ活動です。

※2:「ポ・ケ・手・な・し」とは、「ポケットに手を入れて歩かない!」、「ケータイを歩きながら使用しない!」、「手すりを持って階段を昇降する!」、「斜め横断(ショートカット)をしない!」、「指差呼称の実施ポイントでは必ず行う!」の頭文字をとったもので、歩行中の事故を防止するために推進しています。