Health Promotion Activities健康増進の取り組み

このページを印刷する

健康の増進

当社は、「心身ともに健康な状態で出社し、すこやかな笑顔で帰宅しよう!」というスローガンを掲げています。「自分の健康は自分で守る(自己管理する)」ことを基本認識として、従業員の健康増進に取り組んでいます。従業員の健康意識を高め、健康の自己管理を促進するため、社内報に健康情報を掲載しています。

健康診断

従業員が健康を保持増進できるように、健康診断で有所見の場合は産業医、診療医、保健師など等でフォローし、必要時には医療機関へ紹介し、連携を図っています。従業員の健康意識を高揚し、健康の自己管理を促進するため、社内報に健康情報を毎月掲載しています。

メンタルヘルスへのケアを強化

社内外の研修によるラインケア教育とともに、職場内では『セルフケアハンドブック』の読み合わせを実施し、疾病の未然防止ならびに自己管理の周知を図っています。また、社内講習会の実施や、不調を感じた従業員が相談できる『健康相談窓口』を開設するなど、心の健康づくりに努めています。
また、ストレスチェックを実施し、ストレスによる従業員の心疾患の未然防止のため、職場の環境が従業員の心身に与える影響を分析し、安全・安心な職場環境づくりに努めています。

セルフケアハンドブック

日本特殊陶業健康保険組合の取り組み

健康保険組合では、組合員とその家族の「こころ」と「からだ」の健康をサポートするため、会社および労働組合と協力してさまざまな取り組みをおこなっています。
健康維持・疾病予防として、メタボリックシンドロームの改善・予防、インフルエンザ予防接種補助、ウォーキング、バスハイクなど健康支援に関するイベントなどを開催実施しています。また、国内工場の診療所(3か所)や、南伊勢町(三重県)の五ヶ所湾にある保養所の運営もおこなっています。