Intellectual Property知的財産

このページを印刷する

基本的な考え方

当社は、既存商品や新規開発品を保護するため、知的財産権を積極的に取得し、その活用に取り組んでいます。また、第三者の権利侵害や契約・法令違反を問われることがないよう、開発の初期段階から大量生産の各過程において、第三者の知的財産権を調査するとともに、各種契約の知財条項の適否についても確認しています。知的財産の大切さを学ぶ社員教育もおこなっており、今後も「ものづくり企業」としての進化の基盤のため、グループ全体で知的財産の管理を強化していきます。

模倣品撲滅に向けた取り組みを推進

NGKスパークプラグの模倣品対策としては、これまで中国・中東を中心にそれぞれのグループ会社と法律事務所が連携して活動を進めており、また経済発展が続くASEAN、インド地域での活動を強化しています。
お客さまの安全を脅かす模倣品は、インターネットを通じた取引等により、巧妙化・小口化の傾向がありますが、警察・税関・行政機関各方面と連携した摘発・排除活動を継続しておこなっています。

押収した模倣品





知的財産担当者の声

お客さまの安全と現地社会の発展のために

知的財産部では、当社製品の模倣品の製造・販売活動に対して、当社ブランドを信頼し購入いただくお客さまの利益を守る目的だけではなく、反社会的な組織の活動資金源となるリスクを排除するためにも、毅然とした対応が必要だと考えています。
当社の知的財産権の品揃えを充実させるとともに、効果的な権利行使を今後も継続して実施し、現地社会の安全と発展に寄与します。

知的財産部 吉澤