Security Control / Information Security機密管理・情報セキュリティ

このページを印刷する

情報セキュリティ方針

私たちは、保有するすべての情報資産を経営資源の一つと位置づけ、これを適正に保護し、有効活用をすることで事業の健全な維持、発展を目指します。

行動指針

  • お客さまからお預かりした情報、当社グループが保有するノウハウや知的財産、および個人情報等を含めたすべての情報資産を保護・管理する規程を定め、体制と責任を明確化します。
  • 情報セキュリティに関する法令、規則等を遵守します。
  • 情報資産を取り扱うすべての役員と従業員に対して、情報セキュリティの重要性および具体的な遵守事項の教育をおこないます。
  • すべての情報資産に対する機密性・安定性の維持・向上に向けた情報インフラの最新化を継続的に実施します。
  • 日々進展する情報技術の高度化がもたらす情報漏洩リスクに対応するため、事故の未然防止への取り組みを推進します。万一事故が発生した場合は、被害を最小限に留めるとともに再発防止策を講じます。

ICT(情報通信技術)の発展に伴い、企業における機密事項の管理はますます重要度が増すとともに複雑化してきています。
当社ではグループ情報セキュリティ規程や機密管理規程を制定し、日特グループならびにお客さまやお取引先さまの電子情報を含めた機密事項の適正な管理に努めており、関係法令の遵守はもちろん、隙間時間の有効活用を目指した共有スペースへの無線LANやモバイル端末の導入にも情報セキュリティ管理に万全の配慮をしています。
なお、個人情報の取り扱いについては、ウェブサイトでその方針をお知らせしています。

「インターネットシステム機構」を災害に強いデータセンターに移設

万一の災害に備え、子会社やお取引先さまとのデータ交換や社内・社外とのコミュニケーションツールの通信で利用しているインターネットシステム機構やお取引先さまとのデータ交換の機構を耐震性、耐液状化、耐浸水、耐火災、電力確保に優れた、社外のデータセンターへ順次移設しています。併せて、データセンターへの通信を二重化することにより、事業継続性を向上させています。

機密管理実施状況に関する定期点検の実施

機密管理委員会では、制定した機密管理ルールが形骸化しないように、全社的な機密管理実施状況の定期点検をおこなっています。従来の自己点検に加え、部門間で相互に点検を実施する方式を採用することで、チェック機能の強化を図っています。
また、会社内で取り扱う機密情報だけでなく、モバイルパソコンの利用手順など、社外に持ち出す機密情報の漏えい防止のためのルールを定め、その運用状況についてチェックをしています。

機密管理担当者の声

機密管理を徹底し、企業リスクを回避するために

機密管理委員会事務局員として、全社的な機密管理の推進を担当しています。機密事項が漏えいすると、市場競争力の低下や提携先からの賠償請求などによる実損害だけでなく、会社の社会的信用の失墜によるイメージダウンの影響も計り知れません。これらを防止するため、全社基準の機密管理運用ルールのさらなる適正化と浸透をグループ会社への展開も含めて図っていきます。

リスク管理部 前川

※所属・役職は2015年度当時