財務状況

連結業績ハイライト

(単位:百万円)

2021年3月期第2四半期の業績は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響下で市場環境は厳しいものとなり、売上収益および営業利益は前期比で減収減益となりました。第1四半期での大幅な売上減少に加え、為替はドル・ユーロともに円高に進行し、減益となりましたが、一方で経費削減を実施することでコストは減少しています。

通期予想(2021年3月期)

(単位:百万円)

売上収益 417,000
営業利益 48,000
税引前利益 47,900
親会社の所有者に帰属する当期利益 35,000

営業利益率

(単位:%)

※記載金額は百万円未満を切り捨てて表示しております。

ROE

(単位:%)

※記載金額は百万円未満を切り捨てて表示しております。

連結財政状態計算書

(単位:百万円)

連結キャッシュ・フローの概要

(単位:百万円)

※上記グラフは現金及び現金同等物に係る為替変動の影響額(407百万円)の表示を省略しております。


2021年3月期第2四半期は、前期比減益が予想されたことから設備投資を見直し、投資額は前期比で128億円減少しました。その結果、投資活動によるキャッシュ・フローにおける支出は減少しています。財務活動によるキャッシュ・フローにおける支出は長期借入をおこなったことで増加しました。

配当金

(単位:円)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で市場環境は依然として不透明な状況が続いておりますが、配当性向は30%を維持し、2021年3月期の配当金としましては、中間配当金を25円とさせていただき、期末配当金についても同様に25円を予定しております。