News 20162016年のニュース

このページを印刷する

各位

2016年09月15日
日本特殊陶業株式会社

企業情報 製品

当社のコンパクトマルチガス計測器(NCEM®)がAutomechanika Frankfurtにて、 「Innovation Award」を受賞

日本特殊陶業株式会社(会長兼社長:尾堂真一、本社:名古屋市瑞穂区)は 、このたび、Automechanika Frankfurtにて、当社のコンパクトマルチガス計測器(NCEM®、エヌセム)がInnovation Awardを受賞しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1. 受賞の背景
近年、排気ガス規制が厳しくなる中、実走行時において排気ガスの状態を測定することができる計測システムが求められています。当社のNCEM®は、世界で最もコンパクトで軽量なマルチガス計測器として、エンジン・車体評価施設や実走行での計測を可能にする点が評価されました。

2. Innovation Awardとは
Innovation Awardは、自動車産業における世界有数の見本市であるAutomechanika(オートメカニカ)が設けた賞です。8つの分野において、専門家により選ばれた、革新的かつ先駆的な製品に贈られるものです。今回、当社は「Repair & Diagnostics」の分野での受賞となりました。本賞を受賞するためには、技術の革新性以外にも、機能性・操作性、補修市場との関連性、安全性・耐久性、気候・環境保護や持続可能性などの観点が重要となります。

3. NTK Compact Emissions Measurement System(NCEM®)について
NCEMは、エンジンの開発現場で、評価施設だけでなく実走行中においても、排ガス内の物質を測定することができる計測器です。排気ガス内にある窒素酸化物(NOx)、粒子状物質の質量(PM)及び粒子数(PN)、空燃比の測定が可能です。欧州では、2017年9月にRDE(Real Driving Emissions)規制が導入される予定で、車内に持ち運びができ、実走行中に計測することができる機器へのニーズが高まっています。このような状況下で、当社のNCEM®は、従来の車載用分析器と比較すると小型・軽量で簡単に操作できるという特長があります。

NCEMの仕様
(1)電源電圧 : DC12V/24V AC100/220V
(2)重量   : 12.5kg (PM,NOx,A/Fモジュール使用時)
(3)サイズ  : 縦 340 × 奥行 280 × 高さ 270 mm
(4)出力信号 : CAN:ISO11898, アナログ:0-5V(4ch)
(5)適用センサ: PM/PN, NOx, A/F
(6)価格   : 未定

写真左から2番目:当社 マーケティング部 主任 齊藤著更 写真左から3番目:NGK SPARK PLUG EUROPE GmbH Senior Vice President Damien Germès