News 20172017年のニュース

このページを印刷する

各位

2017年06月26日
日本特殊陶業株式会社

企業情報

タイで新工場を建設 自動車用各種センサの生産体制を強化

 日本特殊陶業株式会社(会長兼社長:尾堂真一、本社:名古屋市瑞穂区)は、自動車用各種センサの需要拡大に対応するため、タイに新工場を建設することを決定いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。



 世界各国でますます厳しくなる燃費・排ガス規制の強化に伴い、排ガス中の酸素濃度を検出するセンサをはじめ、当社の各種センサの需要が拡大しています。特に、欧州地域を中心に、新興国においても環境規制強化の動きが加速しております。

 タイNGKスパークプラグ株式会社(以下、タイNGK)は、アジア諸国における自動車用センサの製造拠点として、2010年に生産を本格的に開始しました。このたび、各種センサの生産拡大に伴い、既存工場に隣接する土地へ新たに工場の建設をおこなうことを決定いたしました。かねてよりタイNGKで生産しているジルコニア酸素センサと温度センサに加え、新たに全領域空燃比センサの生産を計画しています。

 2017年11月に新工場の建設に着工し、完成次第、順次生産を開始いたします。新工場建設と能力増強に伴う投資額は、約120億円を予定しております。2023年までに、タイNGKでのジルコニア酸素センサの生産能力を約2倍に、温度センサの生産能力を約2.5倍に引き上げていきます。

 今後も、環境社会の実現に向けて、グローバルでの生産体制を構築してまいります。


■新工場の概要

(1)社名 タイNGKスパークプラグ株式会社
(2)所在地 Amata Nakorn Industrial Estate (Phase 8 : G864)
Tambol Panthong, Amphur Panthong, Chonburi 20160, Thailand
アマタナコン工業団地内(バンコク市内より南東約 65km)
(3)生産品目 ジルコニア酸素センサ、温度センサ、全領域空燃比センサ
(4)建物延床面積 約34,700㎡(4階建て)
(5)着工 2017年11月
(6)竣工 2018年 9月末予定
(7)投資金額 約120億円(建屋・設備)

新工場の外観