News 20202020年のニュース

このページを印刷する

各位

2020年10月30日
日本特殊陶業株式会社

その他

新型コロナウイルス感染者の発生について

日本特殊陶業株式会社(社長:川合尊、本社:名古屋市瑞穂区)は、当社グループ会社が委託する請負会社社員5名が、新型コロナウイルス感染症検査(PCR検査)の結果、陽性であることを確認しました。感染した請負会社社員および対応状況は以下のとおりです。


1.感染した5名は、セラミックセンサ株式会社(愛知県小牧市、以下、セラミックセンサ)の構内請負として従事しており、セラミックセンサの構内における感染者は累計13名となりました。

2.保健所により濃厚接触者に特定された者に加え、当社グループの独自基準により感染者との接触が疑われる者についても、請負会社と連携して順次PCR検査の受検措置をとっております。

3.構内で感染者と同一の職場・時間帯に従事した者については全員の出勤を見合わせ、抗原検査もしくはPCR検査を実施しております。陰性が確認されるまでは自宅待機の措置をとっております。出勤見合わせによるお客様、取引先への影響は現在までのところありません。

4.感染者および濃厚接触者(疑いを含む)が従事していた建屋及び利用していた施設の消毒は実施済です。

5.業務上の関係先における濃厚接触者はいないことを保健所に確認済です。

6.感染拡大防止対策の強化のため、グループ全従業員に対して感染防止対策の徹底を通達するとともに、当社グループで構内作業を行う請負委託先に対しても、感染防止対策の順守徹底をあらためて要請しております。

日本特殊陶業グループでは、お客様、取引先、従業員および家族の安全を最優先に考え、今後も保健所、関連自治体などとの連携を図り、感染拡大の抑止に努めてまいります。