Knock sensorノックセンサ

このページを印刷する

ノックセンサについて

エンジンのノッキング振動を圧電セラミックスで検出するセンサで、点火進角制御に使われ、エンジン性能の向上、省燃費および低オクタン価燃料給油時のエンジン保護に貢献します。

主な製品

ERAS®-KN(非共振型ノックセンサ)

用途

ノックセンサは、エンジンのノッキング振動を圧電セラミックスで検出するセンサで、点火進角制御に使われ、エンジン性能の向上および省燃費に貢献します。

特徴

  • ノック発生領域である5~15kHz域の周波数帯域での出力がフラットであり、エンジン形式を問わず使用が可能で汎用性が高い。
  • 搭載機種:4輪、2輪、建機、定置型ガスエンジン、船外機、スノーモービル
  • 新テクノロジー:鉛フリー圧電素子(圧電セラミックス)鉛フリー圧電素子実用化のための課題を解決し、高出力かつ温度依存性の小さい鉛フリー圧電素子の開発に成功。