Our R&D Activities私たちの研究開発

このページを印刷する

当社は、コア技術であるセラミックスを核とした異種材との組み合わせにより、高い信頼性、耐久性が求められる分野での製品を生み出しています。これらコア技術のさらなる研究と、環境・エネルギー分野、次世代自動車、医療分野など新たな領域での技術開発、製品開発に挑戦しています。

次世代自動車:水素漏れ検知センサ

CO2を排出せず、水素を使用して走る燃料電池車(FCV)ですが、燃料である水素が漏れた場合の安全確保が課題でした。
当社は、センサ開発におけるアドバンテージを活かし、わずかな水素でも検知できるFCV搭載用の水素漏れ検知センサの開発に成功しました。

環境・エネルギー:固体酸化物形燃料電池(SOFC)

電気化学反応によって電気と熱を生み出す燃料電池。
当社は、来たるべき水素社会の構築に貢献することを大きな事業テーマに掲げ、固体酸化物形燃料電池(Solid Oxide Fuel Cell 以下、SOFC)の発電をおこなう「スタック」の開発を推進しています。

環境・エネルギー:無鉛圧電セラミックス

外部から力を加えると電圧を発生する圧電セラミックスは、私たちの身近な生活機器の中で広く利用されています。
しかし、その材料には、鉛が含まれることから、環境や私たちの健康へ影響及ぼすことが懸念されています。
当社は、研究を重ね、鉛を含まず、それでいて同等の特性を持つ無鉛圧電セラミックスを開発しました。
今後さらに研究を重ね、実用化に向けて尽力していきます。