CSR and Sustainability CharterCSR・サステナビリティ憲章

このページを印刷する

CSR・サステナビリティ憲章

私たちは、持続可能な社会の実現に寄与することで、企業価値の向上を目指します。

  • 透明性の高い経営を行いながら、ステークホルダーとの信頼関係を構築します。
  • 社会的課題の解決に資する新たな価値を共創・提供します。

私たちの企業理念には、世界の人々に「新たな価値を提案」、「貢献」といった言葉があり、社会の役に立ちたいという思いが含まれています。これは、事業を通して社会的課題の解決に貢献するという、サステナビリティにつながる考えです。
この考えをより分かりやすく示し、広く社内外に伝えるため、2020年4月に「CSR・サステナビリティ憲章」を制定しました。また、同時に、CSRに関する当社グループの行動指針を示すCSR方針を、CSR基本方針に改称しました。

CSR・サステナビリティ推進体制

当社と社会が持続的に成長していくため、CSR・サステナビリティ委員会を設置し、代表取締役社長を委員長、社外取締役を含む全取締役等をメンバーとして年2回開催していきます。CSR・サステナビリティ委員会では、ESG(環境・社会・ガバナンス)の各分野で優先的に取り組む課題を特定し、その課題解決に向けた活動を推進していきます。
また、傘下にリスクマネジメント・コンプライアンス・品質・情報セキュリティ・環境・安全衛生の各専門委員会を設置し、部門を横断して全社で取り組む体制を整えています。

CSR・サステナビリティ推進体制

CSR・サステナビリティの浸透活動

持続可能な社会の実現に寄与していく意志を示すため、役員にSDGsバッジを配付し、対外的な周知や従業員への啓発を図っています。
また、従業員一人ひとりが日頃から自分の仕事と社会とのつながりを意識し、仕事を通して社会的課題の解決に貢献する行動をとれるようにするため、階層別研修や継続的にメールマガジンなどでの情報発信をおこなっています。

CSR研修
メールマガジン

「国連グローバル・コンパクト」への参加

当社グループは、2016年11月に国連グローバル・コンパクトに参加しました。

国連グローバル・コンパクトは、世界規模で進行している温暖化、環境問題、格差社会などさまざまな問題を解決するために、1999年当時の国連事務総長であるコフィー・アナン氏が提唱し、2000年7月に国連本部にて正式に創設されたイニシアチブで、企業による自主行動原則です。
当社グループは、持続可能な社会づくりに寄与するため、国連グローバル・コンパクトが掲げる「人権」・「労働」・「環境」・「腐敗防止」の4分野10原則を支持し、「社会の良き一員」として、さまざまな活動を推進していきます。

国連グローバル・コンパクトの4分野10原則

【人権】

  1. 原則1:企業は、国際的に宣言されている人権の保護を支持、尊重すべきである。
  2. 原則2:企業は、自らが人権侵害に加担しないよう確保すべきである。

【労働】

  1. 原則3:企業は、結社の自由と団体交渉の実効的な承認を支持すべきである。
  2. 原則4:企業は、あらゆる形態の強制労働の撤廃を支持すべきである。
  3. 原則5:企業は、児童労働の実効的な廃止を支持すべきである。
  4. 原則6:企業は、雇用と職業における差別の撤廃を支持すべきである。

【環境】

  1. 原則7:企業は、環境上の課題に対する予防原則的アプローチを支持すべきである。
  2. 原則8:企業は、環境に関するより大きな責任を率先して引き受けるべきである。
  3. 原則9:企業は、環境に優しい技術の開発と普及を奨励すべきである。

【腐敗防止】

  1. 原則10:企業は、強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗の防止に取り組むべきである。

SDGsへの取り組み

当社は、国連グローバル・コンパクトの署名企業として、国連が掲げる目標であるSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて貢献できるように、当社としてできることに取り組んでいます。

※SDGsとは
2015年に国連サミットで採択された2030年までに持続可能な世界を実現するための17の目標と169のターゲットで、貧困や不平等、気候変動などの世界共通の問題・課題を解決し、「地球上の誰一人として取り残さないこと」を目指しています。