Conservation of Biodiversity生物多様性の保全

このページを印刷する

生物多様性の保全

生物多様性の保全に関して、世界的に必要性が高まっており、当社グループにおいても地球温暖化防止、資源循環促進に並ぶ重要な環境課題と位置づけています。
そのため、2013年4月に生物多様性への取り組み方針を示した「日本特殊陶業グループ 生物多様性に関する指針」を制定しました。

生物多様性に関する指針12KB

この指針に基づき、エネルギーや資源の使用といった活動が生物多様性に影響を与えていることを認識したうえで、すべての事業活動においてその影響を低減するよう、お取引先さまや外部団体などと連携を図りながら取り組んでいきます。
その活動のひとつとして、小牧市、小牧市自然環境観察人(公募によって市に登録された市民)、近隣企業の協働で、特定外来生物に指定されている「オオキンケイギク」を駆除する活動を小牧市内で実施しています。毎年参加していますが、2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました。

オオキンケイギクの駆除活動