Top Messageトップメッセージ

このページを印刷する

当社の企業理念、CSR・サステナビリティ憲章には、世界の人々に「新たな価値を提案」、「貢献」といった言葉があり、事業を通して社会的課題の解決に貢献したい、というサステナビリティにつながる思いが込められています。 そしてその思いに基づき、さまざまな社会的課題解決に資する製品、サービスを生み出していくことが、我々の使命であり、存在意義であると認識しています。

持続可能な社会の実現に向けて、推進体制を構築し、事業を通じた社会的課題の解決での貢献を基軸に、国連グローバル・コンパクト、ISO26000、SDGs、TCFDなどの国際的な規範や目標、ガイドラインに賛同する意思表明をおこなうとともに、ESG(環境、社会、ガバナンス)に関する「優先的に取り組む課題」を特定するなど取り組みを進め、ステークホルダーの皆さまに、わかりやすい形でその内容を発信していきます。

変化が大きく先行き不透明な時代だからこそ、日本特殊陶業グループは経営の透明性をより高めることによりステークホルダーの皆さまから信頼を得ながら、持続可能な社会の実現に寄与することで、企業価値の向上を目指して参ります。ステークホルダーの皆さまにおかれましては、今後も変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役会長
尾堂 真一

代表取締役社長社長執行役員
尾堂 真一