Cultural Activities文化貢献

このページを印刷する

当社では、CSR基本方針にて「社会貢献方針」を定め、良き企業市民として、文化振興、福祉の発展などさまざまな活動をしています。

当社は、日本特殊陶業市民会館のネーミングライツパートナーです

「日本特殊陶業市民会館」への想い

当社は、1936年の創立以来、名古屋市に本社を置き、『良き企業市民として積極的に社会貢献活動をおこなう』という企業行動規範のもと、さまざまな活動をしてきました。名古屋市民会館は、伝統と格式ある名古屋を代表する文化施設であり、文化交流の場として親しまれています。当社は、このネーミングライツを通して、一層の文化・芸術の振興と地域活性化に貢献していきたいと考えています。

地域の皆さまとのつながりを大切に

当社は、地域の皆さまへ日ごろのご愛顧に感謝をするため、さまざまな活動を実施しています。その一つとして、2013年から当市民会館にてファミリーミュージカルを毎年主催しています。このイベントには、児童福祉施設の皆さま、東日本大震災で被災され愛知県で生活されるご家族、地域の皆さまをご招待しています。

ロビーの様子(2016年撮影)
舞台の様子(2016年撮影)

ネーミングライツについて

区分 新名称
名古屋市民会館 日本特殊陶業市民会館
大ホール フォレストホール
中ホール ビレッジホール
地下鉄連絡通路 日本特殊陶業市民会館連絡通路

日本特殊陶業市民会館の大ホール・中ホールの名称をそれぞれ「フォレストホール」と「ビレッジホール」としました。 これは当社が森村グループの一員であることにちなみ、日本特殊陶業市民会館が豊かな文化や芸術を育む「森」や「村」となるようにという思いも込め命名したものです。

日本特殊陶業市民会館ウェブサイト